銀の購入方法 買い取るお店は? 6つの方法

銀の購入と売却銀投資

「銀投資に興味がわいてきた。早速、銀を購入したい。でも、どこで購入すれば良いのか…」「手持ちの銀がある。日本国内で売却できるお店を探している」

今回は、このような方々に向けて、銀製品を購入したり、売却したりするためのお店をご紹介していきます。なお、この記事に掲載するお店と当サイトは、一切関係はございません。実際に利用するときは、ご自身の判断と責任の下で行ってください。

銀製品の購入方法と買い取り店舗とは?

銀の購入方法

銀の購入は、次の5つの方法があります。

  1. 日本金地金流通協会
  2. オンラインショップ
  3. ebay
  4. 実店舗の販売
  5. フリーマーケット
  6. 質屋

1.日本金地金流通協会

ある程度の塊で銀を購入できる方は、日本金地金流通協会の正会員企業から購入するのが最も安くておススメです。1kgなどの塊で購入ができます。インゴットには、プレミア(付加価値)が含まれていないため、より銀の相場に近い価格で入手ができます。つまり、売却時に損をする幅を小さくできます。

下の表をご覧ください。こちらは、流通協会に所属する企業の同日における銀の取引価格を示した物です。(1kgのインゴットを取引するときの価格です。)各社、微妙に取引価格は違いますが、ネットショップなどで購入するシルバー製品よりも明らかに割安です。

とはいえ、実際に正会員企業から銀を購入する場合でも、次の2つの点に注意しましょう!

  1. 取引単位によって価格は変わる。
  2. 相場の価格とは別に手数料がかかる。

各社のホームページを見ると「相場情報」や「取引価格」が表示されています。しかし、じっくりと価格をみると、「表示の価格は30kg単位で購入したときに適用」「購入数量に応じた手数料」が発生すると記載されています。

つまり…..

  • 銀の相場価格+購入手数料=あなたが銀を購入できる価格
  • 銀の売却の価格-手数料=銀を売却したときに得られる収益

銀の買取、売却の双方に手数料が発生することを覚えておきましょう!また、表の右側にある売買額の差とは、あなたが銀を購入したときと売却するときの差を示します。この差ができるだけ小さいほど、損をする可能性が低くなります。

2.オンラインショップ

メリット

オンラインショップは、国内外問わず、様々な所から、ご自身の目的などに合わせて選べるのがメリットです。様々なオンラインショップで銀製品の品定めをすると、全体的に日本のオンラインショップの銀は高いと感じます。そのため、銀投資が活発な海外オンラインショップから購入するのが理想です。特定のオンラインショップと特別な関係を作ると、プレミアが低い価格で購入することも可能です。

デメリット

銀の商品価格以外に配送料などが掛かる点です。特に海外のオンラインショップから購入するときは、国際配送料の他、関税や消費税などがかかる可能性があるため注意が必要です。オンラインショップの表示価格だけではなく、送料や関税、消費税等を含めて判断をすることが重要です。

3.ebay

メリット

世界的ナンバーワンのオークションサイト「ebay」を通して銀製品の入手もできます。ご存じの通り、ebayは非常に大きなマーケットであるため、様々な銀製品を手に入れられます。オンラインショップや実店舗にはないけれど、ebayにある可能性も十分です。特に中古の銀、いわゆるジャンクシルバーなどを買うときに便利です。

デメリット

ebayは入札方式により、良くも悪くも価格の動向が激しいです。また、セラー(販売者)による詐欺も多いです。偽物のシルバー、含有量を偽ったシルバーなど、詐欺の事例はたくさんあります。この点は、出品者に対するフィードバック(評価)などを十分に確認する必要があります。

4.実店舗の販売店

メリット

リサイクルショップ、買い取り屋など、街中には、銀の現物を扱う様々な実店舗があります。この場合、配送料等は一切かからないこと。購入時に実物を確認できること。さらに、お店によっては、購入に関するアドバイスをもらえる点がメリットです。

デメリット

オンラインショップやebayなどと比べると、実店舗を構えている分、家賃と人件費が高いです。当然、購入するコインにもそれらの費用が上乗せされています。また、実店舗という有限のスペースで商売をしているため、どうしても取り扱う商品の量が少ないです。(見劣りすることが多い)

5.フリーマーケット

メリットとデメリット

日本全国、様々な所でフリーマーケットが行われます。この中でも特に「骨董市」と呼ばれる物が狙い目です。この市場は、出品者が「暇つぶし」で参加をしていることが多く、本来の価値よりも低い価格で銀を入手できる可能性があります。しかし、これは、同時に騙されやすいことでもあります。フリーマーケットは、どうしても経験や知識に影響される部分が大きいためです。

  • 経験や知識が豊富な方=有利な価格で入手できる。
  • 経験などが浅い方=不利な価格で交わされる。
良くも悪くも自分の実力次第の世界。

6.質屋

質屋は、物を担保にとり、お金を貸すお店です。ここでも銀を購入できます。しかし、多くの場合、非常に高いプレミアが含まれているためお勧めはしません

お店選びのポイント

銀関連のお店は、次の観点で選びます。

  • 特定商取引法に関する表記はあるのか?
  • 実店舗なのか?それともEC専業なのか?
  • 事業の経過年数
  • 法人格があるのか?
  • 幅広い銀製品を扱っているか?(高い製品ばかり勧めていないか?)
  • 買い取りサービスまで提供しているのか?

この中で特に「買取サービスまで提供しているのか?」は、重要なポイントです。といいますのは、業者の中には、粗悪な製品を売りつける所があります。いわゆる売り逃げ行為です。この被害を防ぐためにも「販売業者が買い取りサービスまでを提供しているのか?」を確認すると良いです。次に銀自体の注意点を確認しましょう。

銀を購入するときの注意点

銀製品を購入するときは、次のポイントに気を付けます。購入時から売却することを前提にし、少しでも売りやすい銀製品を購入することが重要です。

  • 購入する単位を必要以上に大きくしない。
  • 銀の価格は、加工具合が高いほど、無駄な費用が入っている。
  • プレミアムな製品を狙うより、銀そのものの価値のみを追い求めた方が良い。

例えば、売却をするときに、10キロの銀のバーと1キロの銀のバーを比べると、どちらがより買い手が付きやすいと思いますか? 答は、購入単位が小さい1キロの方です。銀のコイン、バーなど形は自由ですが、必要以上に大きな単位を購入しない方が良いです。

また、銀の価格には、銀その物の価値に加えて、加工するときの費用。限定の○○年版など、銀の価値以外に評価されている物があります。銀の価値から離れた価格の物を購入すると、それだけ価格が下落する幅が大きくなり、損をする可能性が高まります。

したがって、できるだけ加工が少ない物。かつ、無駄な価値が含まれていない物を選ぶと良いです。具体的には、プレミアコインよりも普通のコイン。コインよりもバーの方が加工費が安くなり、価格が安いです。

銀の売却ができるお店

最後に銀を売却するときに便利なお店をいくつかご紹介します。オンラインショップ、実店舗など様々です。お店によって買い取り額も大きく違うため、十分にご注意ください。私が調べたときには、同じ日なのに、ある店舗は、1g30円。他の店舗は1g50円と提示していた会社がありました。

*各自の責任の下、ご利用ください。掲載するお店と当サイトは、一切関係ございません。(優良店かどうかも分かりません。)検索サイトなどを使い、ご自身の判断と責任の下、情報を取捨選択し、ご利用ください。
  • 日本金地金流通協会
  • おもいや
  • MARUKA
  • なんぼや
  • セカンドストリート
  • おたからや
  • 大黒屋
  • ゴールドプラザ
  • リサイクルキング
  • http://kosen-kaitori-no1.com/silver-coin/?page=seo&item=kosen
  • https://nanboya.com/gold-kaitori/silver/
  • https://www.silver-kaitori.jp/purchase/silver/
  • http://www.silver925.com/buy/buy.htm
  • https://www.shichifukuhonpo.com/foreigncoin.html
  • http://www.kaitori-daikichi.jp/
  • http://sitifukuya.com/memorial-money
  • http://www.noguchicoin.co.jp

銀の売却を考えるときのポイント

銀投資は、出口戦略が重要だとの考え方から、あらかじめ売却時に売りやすい銀を購入することも重要です。例えば、買取りをしてくれやすいシルバーには、次の物があります。

  • メープルリーフ銀貨
  • ウィーンフィル銀貨
  • パンダ銀貨
  • イーグル銀貨

しかし、実際の所、日本では、銀を売却できる所は非常に限られています。仮に上記のように売りやすい銀貨を購入しても、日本国内では、中々、売却がし難い状況です。

例えば、日本地金協会に加盟する専門店は、地金協会に加盟しているお店から購入した銀であれば、買取に応じるなど、非常に独占的な市場を形成しています。つまり、「買取も売却も地金協会内で済ませよう」とさせる戦略です。

地金協会以外のお店も、自店舗で販売した銀のみ買取に応じるところが多いです。日本で銀を売却できるところは非常に限られているといえます。しかし、中には「なんぼや」さんのように、どこで購入した銀であっても、一定の純度を超える銀であれば、買取に応じる所もあります。

銀を購入するときは、このあたりの売却事情などを踏まえて考えましょう!

銀の売却をしたときの税金

銀を売却したときは、取引の目的に応じて次の所得とみなされます。

  • 譲渡所得
  • 雑所得
  • 事業所得

例えば、一般のサラリーマンは、譲渡所得又は、雑所得に含まれます。銀を仕入れて事業として売買をしている場合は「事業所得」に該当します。それぞれの所得区分に応じて税金が課せられます。ちなみに、金を売却したときは、売却した先のお店から「消費税」を受け取れます。(どちらも一定の規模以下であれば無視しても良い)

まとめ

  • 日本国内と海外のお店を比較すると、全体的に海外のお店の方が販売価格が安い。
  • 購入するお店は、買い取りサービスまで提供している所が理想
  • 銀を購入するときのポイントは、必要以上に大きな単位にしないこと。
  • 金を購入する時点で、売却をみすえることが重要

【銀投資】知識ゼロから挑戦。預金封鎖に備える!

\銀のインゴット・コインの専門店/
購入はこちら!
タイトルとURLをコピーしました