銀のインゴット(10oz、1kg)を中心に販売中!

運営ショップに行く!

銀のインゴット 100g?1kg?ブランドや買い方を紹介!

シルバー インゴット銀投資

銀のインゴット(地金)に迷われていますか?

インゴットには、様々なブランド、大きさがあります。インゴットと聞き、すぐに思い浮かぶのは「延べ棒」ですね!ただ、インゴット=大きな延べ棒と考えるとギャップがあります。実際は、もう少し小さな単位(1kg、10oz)のインゴットもたくさんあります。

そこで、この記事では、シルバーのインゴットの大きさ、価格、ブランドなどを一挙にご紹介していきます。

銀のインゴット

この記事以外にもインゴットについて記載する記事があります。ぜひ、合わせてご覧ください。

インゴットとは?

インゴットとは「塊(かたまり)」の意味です。シルバーの他、ゴールドインゴット、プラチナのインゴット等もあります。銀のインゴットを必要とする方は、”大きな物”を好む傾向が強いです。

大きさの種類と参考価格

銀のインゴットの大きさは、様々です。発行主(ブランド)毎に規格があるため、ご自身が求めている単位を選びやすいです。特に多い規格は、次の4つです。

  1. 1kg
  2. 10kg
  3. 10oz
  4. 5oz

上記の「oz」は、troy ozとも記載さており、1oz=約31gを示します。

例えば、1000oz=32kg、10oz=320g前後ですね!海外メーカーは、このoz表記とkg又はg単位が混在しているため、購入時には気を付けると良いです。もし、オンスからgへの換算等をしたい場合は「シルバー換算ツール」をご利用ください。

その他、次の規格もあります。

  • 30、15、5kg
  • 500、250、100g
  • 1000、100、50oz、1oz

多くの規格があるため、迷いやすいですね! もし、初めて銀を購入されるのなら、まずは1kg又は10oz前後(310g)で試されることをお勧めします。これよりも大きな単位又は、小さな単位で購入をすると、初期投資が大きくなったり、割高になったりします。

インゴットの参考価格

2021年2月28日現在、銀の価格は、一月下旬から上昇基調です。当サイトの運営ショップ銀次郎における販売価格の参考例は、次の通りです。

  • 1kg=18万前後
  • 10oz=6万~7万前後

残念ながら「銀次郎」では、上記2つの規格しか販売していません。しかし、予約販売の形であれば、これよりも大きな銀や小さな銀の販売もできます。よろしければ、お問い合わせください。

例:2021年2月28日時点の取り寄せ価格の例
  • 100oz(3.11kg)=574,000円(お渡し価格)
  • 15kg=2,696,700円(お渡し価格/*購入には書類が必要です)

主なブランド

インゴットのブランドも様々です。日本勢でいえば「Asahi」、海外勢は「へレウス」などです。下に紹介するブランドは、ロンドン貴金属市場協会(通称:LBMA)に所属しています。LBMAは、銀や金の製造方法、純度、重量等の基準を規定する協会です。

つまり、この協会に所属する企業の製品は、品質等に問題がないと言えます。銀のインゴットを購入する場合は「LBMAか?」を確認します! その方が粗悪品をつかまされるリスクが小さいです。

  • Johnson Matthey
  • Metalor Silver
  • Nadir Refinery
  • Royal Canadian Mint
  • Perth Mint
  • Asahi
  • Scottsdale

結局、どのブランドが良いのか?

様々な大きさ、ブランドがあるため、どれを購入すればいいのか迷います。ただ、一つ言えることは、日本にいる限り、さほどブランドは、関係ないことが多いです。なぜなら、銀の売却の基準が「重量」と「純度」の2つに基づくからです。

少し大げさにいえば「銀の査定金額とブランドはほぼ関係ない!」とも言い切れます。また、シルバーは、湿気、酸素、硫化ガスの影響により変色することが多いです。これは、どんなに厳重に保管をしていても防ぎきれないです。

銀(インゴット・銀貨)の保管方法 変色や錆から守るには?

ただし、最悪、変色をしてもご安心ください。クリーナーや専用のクロスでふき取るだけであっという間に元通りの輝きを戻します。もちろん、変色をした銀もしていない銀も査定金額は同じです。=重量と純度の2つから判断

  • ブランドのこだわりは、ある種の娯楽に近い。
  • 銀の買取は純度と重量の2つの観点のみ。
  • これ以外に評価されるのは、よほど希少性が高い物のみ

必要以上にブランドにこだわるのはやめよう!こだわるのは「銀の大きさ」です。あまり小さな単位で所有すると割高です。

銀のインゴットの買い方(販売店)

銀のインゴットは、実店舗、ネット通販など様々な所で手に入れられます。ただ、日本国内は、銀の現物が不足する場合が多いので、英語が得意な方は海外から購入されるのもいいと思います。

田中貴金属工業さん、徳力さんなどが有名です。ネット専業であれば、野口コインさんです。ちなみに、おなじみのアマゾンでは、銀のインゴットを購入できません。なぜなら、アマゾンの出品者ルールの中で貴金属類の出品が禁止されているためです。

もし、大手通販サイトで商品を購入されたい場合は「楽天市場」で探してみてください。又は、当サイトが運営する「銀次郎」を利用してくださると嬉しいです。

銀(インゴット等)を購入するには? 売却先を含めて6つ紹介

よくある疑問

インゴットの適切な保管方法は?

銀は、湿気、硫化ガスなどと反応し変色しやすいです。これを防止するには、銀の真空化及び活性炭による中和が必要です。詳しくは、シルバーインゴットの保管方法の記事をご覧ください。

当サイトに掲載する情報は、投資アドバイスではございません。銀投資を楽しむための情報サイトです。銀及び金は投資商品です。ケースによっては、損失が発生する可能性があるため、十分にご注意ください。(ご自身の責任の下、よろしくお願いします。)

銀のインゴット専門店 銀次郎

購入方法

\銀のインゴット・コインの専門店/
購入はこちら!
タイトルとURLをコピーしました