銀貨(インゴット等)を錆や変色から守る保管と洗浄方法

銀投資 銀次郎銀投資

銀を自宅で保管する場合、火災や盗難リスクがあります。これらは、適切な耐火性や重さがある金庫を使うことで対応します。実は、銀を保管するときは、上記のリスクの他、錆にも注意する必要があります。

そこで、この記事では、銀の錆を防止する適切な保管方法と、錆びた銀を復活させる方法(洗浄方法)をご紹介していきます。

銀はさびやすい!保管は適切にするべき

身の回にある金属は、空気中の成分と結合し酸化します。最も身近な物は鉄です。何の防錆をほどこしていない鉄はアッという間にボロボロとなり、様々な建物に使われるのに、意外なもろさに驚かれる方も多いはずです。

実は、銀(インゴットやコイン等)も錆びることがよくあります。

例えば、表面が黒くなったっり、逆に白くなったりと、自分的には、空気に触れないように保管をしていたつもりでも、いつの間にか変色していることも多いです。ただし、銀の錆は、鉄の錆とは少し違います。銀は大気中の硫黄と結合し変色をします。しかし、クリーニング剤などを使えば、簡単に元通りの輝き戻ります。内部まで腐食しない点で大きな違いがあります。

銀の錆(変色)を防止するには?

錆た銀をクリーニングする方法は、記事末に記載するとして、ここでは、銀の錆(変色)を防止する方法をご紹介します。銀の変色を防止する最大のポイントは「外気との遮断」です。とてもシンプルですがこれだけです。外気を遮断するには、次のアイテムを導入するといいです。

  • コットン手袋を使う。
  • シルバーコイン用の専用カプセルに入れる。
  • 百円均一等で販売されている食品用保存容器にいれる。
  • 乾燥剤

コットン手袋を使う。

シルバー製品を素手で触らず、コットン(綿)100%の手袋を使います。軍手等ではなく、コットン手袋を使うことがポイントです。

銀投資 銀次郎

シルバーコイン用の専用カプセルに入れる。

シルバーコインを保管するための専門のケースがあります。

銀投資 銀次郎

百円均一等で販売されている食品用保存容器にいれる。

銀投資 銀次郎

百円均一で販売されている下記のような食品用保存容器も良いです。この容器の中に、下に示すシリカゲルの乾燥材等を入れおくと、よりいい環境を作れます。

乾燥剤(シリカゲル)

シルバー専用のシリカゲル(乾燥剤)を使います。その他、モンスターボックスに入っているシルバーコインを購入することも一つの方法です。

シリカゲル

シリカゲルの購入はこちら!

銀貨の洗浄方法とリスク

すでに汚くなっているシルバー製品を洗いたいと考える方も多いでしょう。ただ、実際に洗浄するとなると「価値の減少」が気になります。実は、洗浄による価値の減少は、コレクターによっても見解が分かれています。

例えば、銀のグラムのみを価値の対象と考える物であれば、洗浄しても問題はないと言えます。他方、製造された年代が重要な要素になっている物(key date coins)は、洗浄で価値が減少すると言われています。

また、洗浄には、主に2つの方法があります。

  1. EZ-Estコインクリーナーなどの専門の洗浄液を使う。
  2. 重曹を使う

どちらの方法も「必要以上」に液体に付け込まないようにします。長時間、溶液の中につけておくと、銀に大きなダメージを与える可能性がございます。

家庭でも簡単♪重曹を使った洗浄方法

1番の専門溶液は、中々、手に入らないため、ここでは2番の重曹を使った洗浄方法を説明していきます。用意する物は、次の6つだけです。

  1. プラスチックトレー(深さ10cmほど、長方形のトレー)
  2. 重曹
  3. 人肌程度の湯
  4. アルミホイル
  5. 歯ブラシ
  6. タオル

1.プラスチックトレーの内側にアルミホイルをまく

百円均一などでプラスチックトレーを買いましょう。大きさは、洗浄する銀の量にもよります。深さは10cmほど、容器のケースは長方形がベストです。このプラスチックトレーの内側にアルミホイルを巻きます。

2.重曹

1の容器の中に洗浄するシルバーを均等にちりばめます。その上から重曹を均等に振りかけます。

3.人肌の湯を加える

シルバーと重曹をセットした中に、お湯を加えます。約5分待ちます。

4.歯ブラシ名でブラッシングをする。

5分が経過したら、歯ブラシなどでブラッシングをします。このとき、必要以上に力を加えないようにします。

5.すすぎ&乾燥

流水でキレイにします。重曹付きの溶液が残らないように入念にすすぎます。その後、タオルで水分をふき取り、完全に乾燥するまで待ちます。乾燥したら、シリカゲルの乾燥剤入りの容器で保管をします。

まとめ

  • 銀はさびやすい(変色しやすい)
  • 但し、一般的な鉄の錆とは異なり、洗浄等により簡単に復活する。
  • シルバーの保管は、外気との遮断にあり。
  • 百円均一のアイテムを活用して銀にやさしい環境を作るべし。
  • コインを洗浄するときは、必要以上に時間をかけないようにする。
\銀のインゴット・コインの専門店/
購入はこちら!
タイトルとURLをコピーしました