銀のインゴット(10oz、1kg)を中心に販売中!

運営ショップに行く!

銀(インゴット・銀貨)の保管方法 変色や錆から守るには?

銀投資 銀次郎銀投資

銀を自宅で保管する場合、火災や盗難リスクがあります。これらは、適切な耐火性や重さがある金庫を使うことで対応します。実は、銀を保管するときは、上記のリスクの他、変色や錆にも注意が必要です。

そこで、この記事では、銀(インゴット/地金やコイン)の適切な保管方法と錆びた銀を復活させる方法(洗浄方法)をご紹介していきます。

銀はさびやすい!保管は適切にするべき

身の回にある金属は、空気中の成分と結合し酸化します。最も身近な物は鉄です。何の防錆をほどこしていない鉄はアッという間にボロボロに変化します。様々な建物に使われるのに、意外にもろい存在です。

実は、銀(インゴットやコイン等)も錆び(変色)やすいことで有名です。表面が黒くなったり、白くなったりします。空気に触れないように保管しても、いつの間にか変色していることも多いです。

ただし、ご安心ください。銀の錆は、鉄の錆とは違います。銀は大気中の硫黄と結合し変色します。内部的な変化をしていないため、クリーニング剤などで、簡単に元通りの輝きを取り戻します。

銀の錆(変色)を防止するには?

錆た銀をクリーニングする方法は、記事末に記載するとして、ここでは、銀の錆(変色)を防止する方法をご紹介します。銀が変色する理由は、硫化ガスや湿気等の影響です。具体的には、銀を変色させると言われています。

  • プラスチック系×活性ガスが出る物(PVC)での保管
  • サランラップによる保管(日光に当たると最悪)
  • ジュエリーボックスの接着剤
  • ゴム製品全般 例:輪ゴムで束ねる。ゴム製手袋を使う。
  • 空気中の硫黄
  • 化粧品、洗剤
  • 人の汗や皮脂

上記の被害から避けるために、次の5つのポイントを意識しましょう!

  1. 素手で触らない。
  2. 銀を取り出すときはマスクをつける。
  3. 不適切な物の近くに置かない。
  4. 外気と遮断する工夫をする。
  5. 一定の空間で保管する。

1.素手で触らない。

銀を素手で触ることは禁止です。人の汗、皮脂等が銀が酸化するためです。必ずコットン100%(綿)の手袋を使います。これ以外の材質、例えば、ゴムの手袋などは、表面に塗布されている薬剤の影響があるため、危険です。必ず綿100%を使いましょう!

銀投資 銀次郎

2.銀を取り出すときはマスクをつける。

1番と同じ理由で、銀を取り出すときは「マスク」も付けます。人の唾液が付着するのを防ぐためです。もし、複数人で鑑賞する場合は、相手にもマスクを求めましょう。又は、できるだけ話をしないようにしてもらいます。

銀 保管

3.不適切な物の近くに置かない。

銀にダメージを与える材質の近くでの保管を避けます!

例えば「PVC」などです。PVCは、日光が当たるとガスが発生します。このガスが銀をボロボロにします。その他、銀を「輪ゴム」で止めること。ジュエリーボックスのゴム系の接着剤にも注意です。

プラスチック系(不活性系は除く)、ゴム系、化粧品等のそばには置かないようにしましょう!

4.外気と遮断する

銀と空気の接触を断つために、専用ケースを買ったり、真空保管したりすると良いです。

例えば、アマゾン等では、以下のコインカプセルが販売されています。コインであれば、このケース(硬化系プラ)に入れた後「真空機」を使い、真空パックすると良いです。または「マイラー」と呼ばれるコインホルダーもOKです!

銀投資 銀次郎

もし、銀のインゴットの場合は、ジップロックなどに入れた後「防錆紙」を入れます。その後、同じく真空機を使い、中の空気を抜きます。

銀 インゴット 保管方法

一定の空間で保管する。

真空パックした物をさらに「一定の空間」で保管することをお勧めします!また、この空間内の湿度等や硫化ガス等を小さくするために、活性炭や専用シートを一緒に入れておきます。

  1. 一定の空間で保管すること→ 例:金庫、桐箱など
  2. 1の空間内の湿気等を低減する工夫をすること→活性炭、専用シート

例えば、金庫、スチール製のボックス、桐の箱などです。当店は、桐の箱をお勧めしています。桐は密閉性と防湿性に優れています。また、天然素材で作られているため、化学的な浸食のリスクも低いです。この桐の箱の中に入れた上で、さらに活性炭又は、専用のシートを入れます。

シリカゲルの写真

シリカゲル

専用シート

At&tが開発した硫化ガスと湿気を吸収するシートです。

銀の変色防止シート

ご購入はこちらへ→銀次郎

銀貨の洗浄方法とリスク

すでに汚くなっているシルバー製品を洗いたいと考える方も多いでしょう。ただ、実際に洗浄するとなると「価値の減少」が気になります。実は、洗浄による価値の減少は、コレクターによっても見解が分かれています。

例えば、銀の重量のみを価値の対象とする物は、洗浄しても問題はないです。他方、製造された年代が重要な価値になっている物(key date coins)は、洗浄により価値が減少します。

また、洗浄には、主に2つの方法があります。

  1. EZ-Estコインクリーナーや専用の「研磨布」を利用する
  2. 重曹を使う

どちらの方法も「必要以上」に液体に付け込まないようにします。長時間、溶液の中につけておくと、銀に大きなダメージを与える可能性があります。

1.研磨布を使った方法

銀製品が変色した場合は、専用の研磨布で軽く磨きます。非常に細かく織られており、かつふわふわとしています。これを使い、銀の変色部分を「軽く」こすります。ただし、いわゆるアンティーク銀の利用は禁止です。磨くことにより、年代部分の価値が半減または、極めてゼロになります。

  • 一般的な銀インゴット又はコイン→研磨布ok
  • 年代物の銀製品→LEUCHTTURMのコインクリーナー又は、振動クリーナーがオススメ!

ドイツ製の銀専用の研磨布の購入は、銀次郎へ

2.家庭でも簡単♪重曹を使った洗浄方法

1番の専門溶液は、中々、手に入らないため、ここでは2番の重曹を使った洗浄方法を説明していきます。用意する物は、次の6つだけです。

  1. プラスチックトレー(深さ10cmほど、長方形のトレー)
  2. 重曹
  3. 人肌程度の湯
  4. アルミホイル
  5. 歯ブラシ
  6. タオル

1.プラスチックトレーの内側にアルミホイルをまく

百円均一などでプラスチックトレーを買いましょう。大きさは、洗浄する銀の量にもよります。深さは10cmほど、容器のケースは長方形がベストです。このプラスチックトレーの内側にアルミホイルを巻きます。

2.重曹

1の容器の中に洗浄するシルバーを均等にちりばめます。その上から重曹を均等に振りかけます。

3.人肌の湯を加える

シルバーと重曹をセットした中に、お湯を加えます。約5分待ちます。

4.歯ブラシ名でブラッシングをする。

5分が経過したら、歯ブラシなどでブラッシングをします。このとき、必要以上に力を加えないようにします。

5.すすぎ&乾燥

流水でキレイにします。重曹付きの溶液が残らないように入念にすすぎます。その後、タオルで水分をふき取り、完全に乾燥するまで待ちます。乾燥したら、シリカゲル入りの容器で保管をします。

銀を買うには? 売却先を含めて6つ紹介

まとめ

  • 銀の保管は、対策と対処の2つの考え方があり
  • 銀はさびやすい(変色しやすい)
  • 但し、一般的な鉄の錆とは異なり、洗浄等により簡単に復活する。
  • シルバーの保管は、外気との遮断にあり。
  • 百円均一のアイテムを活用して銀にやさしい環境を作ること
  • コインを洗浄するときは、必要以上に時間をかけないようにする。
当サイトに掲載する情報は、投資アドバイスではございません。銀投資を楽しむための情報サイトです。銀及び金は投資商品です。ケースによっては、損失が発生する可能性があるため、十分にご注意ください。(ご自身の責任の下、よろしくお願いします。)

銀のインゴット専門店 銀次郎

購入方法

\銀のインゴット・コインの専門店/
購入はこちら!
タイトルとURLをコピーしました