銀(コイン・インゴット)を輸入!関税と消費税はいくら?

銀貨の輸入消費税銀投資

預金封鎖対策に、海外から銀のコインやバーを輸入したい方も多いでしょう。もし、日本にシルバー製品(コインやバー)を輸入するときは、どれくらいの関税や消費税がかかるのでしょうか?

この記事の要点
  • シルバーコイン・インゴット問わず関税はゼロ
  • ただし、消費税は10%かかる。
  • 消費税の課税価格=銀の購入価格+送料+保険代金
  • 個人輸入で認められる60%相当の特例はなし。
  • つまり、銀代金+送料+保険代金の100%が課税価格

銀貨、地金、関税と消費税

海外から銀貨を輸入する方法は、次の2つです。

  1. 海外で購入して持ち帰る。
  2. 海外の通販サイトで購入をして発送してもらう。

ここでは、2番の輸入方法による関税と消費税の取り扱いについて説明していきます。関税の法律では、銀のコインと地金(バー)は、次のHSコードに該当します。

  • 7118.90.090 銀のコイン 関税:無税
  • 7106.92.190 銀の地金 関税:無税

上記によると、輸入時の関税は無税、消費税のみが課税されます。

金貨、銀貨のHSコード

銀を輸入するときの輸入諸税

2020年8月現在、日本国内では、10%の消費税がかかります。実は、銀のインゴットなどを輸入するときも、この消費税が発生します。ご存じの通り、消費税は「商品価格」に対して発生します。

では、輸入時における「銀の商品価格」とは、どのようなものになるのでしょうか? (関税法の用語では、関税をかける価格を「課税価格」といいます。)

銀の課税価格の考え方

銀製品を輸入するときの課税価格は、次の式により求めます。

  1. 海外通販における銀の購入価格
  2. 輸入申告日をベースにした税関が決める公示レート(ドルから円の換算)
  3. 保険代金
  4. 送料

上記の1~3の合計額に対して10%が課せられます。実は、個人使用目的で輸入する産品は、特例措置として、課税価格に0.6倍してもよいとするルールがあります。しかし、銀のインゴットやコイン等を含む貴金属は、大きく小売り用に装飾されていない限り、この特例措置から除外されるとされています。

銀製品、金製品は、個人使用目的の特例減免措置から除外される。よって課税価格は、商用目的の輸入と同じで銀の購入価格+送料+保険代金等の合計額に対して消費税のみが発生する

計算例

例えば、下記のコインを海外の通販サイトで購入したときは…..

  • 20ドル(コインの価格)+10ドル(送料)+5ドル(保険代金)=35ドル
  • 35ドル×110円(日本円に換算)
  • 3800円×0.1=380円(消費税)

なお、消費税は、地方税と別々に計算をしたり、端数処理などをしたりする必要がありますが、上記はそれらをすべて無視しています。

コインの価格の判断基準は?

最後に税関は、どのようにしてコインの価格を確認するのでしょうか? 実は貨物を発送するときに添付する「インボイス」と呼ばれる書類を基準にします。海外通販の販売者は、コインを発送するときにインボイスや税関告知書と呼ばれる書類を添付します。日本税関は、この書類を基にして課税処理をします。となると、思いつくのは、わざと低い価格のインボイスを添付すればいいんじゃない?です。

もちろん、税関もこのような不正行為がされる可能性を踏まえて、膨大なコンピューターに情報を保存して、他の貨物と著しく低かったり、高かったりしないのか?をチェックします。この価格を安くみせて税金を誤魔化す行為を「アンダーバリュー」と言い、税関もしっかりとチェックしています。

まとめ

  • 海外通販で銀のインゴット、銀貨(コイン)を買うときは、関税は無税。消費税のみが発生
  • 消費税をかける対象の価格(課税価格)は、コイン価格+送料+保険の合計
  • 預金封鎖対策に銀コインを輸入するのは賢明

【銀投資】知識ゼロから挑戦。預金封鎖に備える!

\銀のインゴット・コインの専門店/
購入はこちら!
タイトルとURLをコピーしました